映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

「いつ」の映像

映像制作で出来上がった映像は、いつ、どこで使うのかが決まっているでしょうか?活用の幅が広いのも映像の特徴です。

「いつ」使うか?

映像は、企業向けの映像の場合は、リクルートや会社説明用の企業紹介映像、企画説明やプローモーション用の商品・商品説明映像、講演会や会議で使う資料映像、研修や新人教育で使う教材映像などなどがあります。企業でなくとも結婚式や卒業式などで使用できる記念映像、自分史などの趣味映像などがあります。いつ映像を使うかによっても、効果は変わってきますので、タイミングを間違えないように利用しましょう。

映像使用する場合には、その目的に必要なだけの訴求力を持っていないと意味がありません。映像を作る目的は分かっているはずですから、映像を流すことで、どういう効果を持ってもらうかを、具体的に考えてもらう必要があります。例えば、この映像は卒業式で使用するという目的を持っている。だったら卒業生の思い出をよみがえらしたいとか、商品説明だったら興味を持ってもらいたいなどがあるはずです。その効果を具体的に考えてみましょう。

求める効果例

今度はそのときに必要な効果を考えていきましょう。そのときに必要な例を知るのと知らないのでは、映像のイメージが変わってきます。

1、イベント用

イベント用の映像では、まず第一の目的として出てくるのが、足を止めてもらわなければなりません。そのために、一番なのは興味を持ってもらうという事になります。幕張メッセを挙げれば、東京モーターショウやセミコン・ジャパンなどいろいろな、地元千葉関連の企業や団体が主催するイベントも多く、その中から興味を持ってもらうのは至難の業ですが、だからこそ、会場の人に興味を持ってもらえるような映像が必要になります。

2、TVCM用

テレビを見ていたら、番組の合間、合間にテレビCMが流れます。しかし、最近ではCMでも費用対効果が考えられます。費用対効果とは、使った費用に対し、どれだけの効果があるかという事で、CMを制作、流してもらう時に、お金が必要になりますが、それ以上に利益を上げないと赤字になってしまいます。その割合を考えることです。特にCMは15秒と言う短い時間で、相手(ターゲット、購買者)に伝わり、購入したい、サービスを受けたいと思わせるようなCMが必要です。

3、Webページ用

近年では、光回線を利用したことによって、動画などの大きなデーターも少ない時間で再生できるようになったおかげで、Webページで映像を使用する企業も増えてきているようです。そのため、Webページ用の映像の制作を申し込む方も増えているようです。しかし、その反面で、どういった映像を配信すればいいか分からないという方も多いようです。基本的には、写真や文章では伝えきれないような物を伝えるのが常識となりますが、何を伝えたいかをハッキリさせることが重要です。

4、式典など

式典では、その式にあったものを選ばないといけません。葬式ならその故人の生前の映像、結婚式ならその主人公の幼い頃から最近の映像、卒業式なら卒業生の1年生からの映像などになります。ただ、その場合は制作よりも、編集とプレスが主な仕事になりますし、場合によってはいろんな規格が在りますので、結構大変な仕事になると思います。できたら、自分で行う方がいいでしょう。思い出がよみがえるような、映像を作りましょう。ちなみに。結婚式のビデオ撮影の場合、映像を配る事も有るため、撮影したときの映像を何度もみ直されてしまう事もあるので気を引きしめて撮影を行ないましょう!

Favorite

イケア

http://www.ikea.com/jp/ja/

2014/11/6 更新

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ