映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

ビデオ制作

初心者のための撮影テクニックをお教えしましょう。ビデオ制作では、撮影という事からはじめるのです。

ファインダー

このファインダーとは、カメラに取り付けられた、覗き窓のことをいいますが、最近の物は、覗き窓が無く、代わりとして液晶タイプの物が良く見られます。しかし、覗き込む方にもメリットがあることを忘れないようにしましょう。それと同時に、液晶タイプの物にもメリットがあります。どちらがいいかは、何を撮るかによって適切な物と言うのがあります。つまり、どちらが優れているかと言うのは、時と場合によるのです。

1、液晶タイプのメリット

液晶の場合は、プロが使うビデオカメラと違い、主に家庭用で使われます。液晶のディスプレイが付属するようなプロ用のビデオカメラは多分無いのではと思います。しかし、代わりといっていいのかは疑問ですが、CRTファインダー(ブラウン管上に文字などを表示できるようにした、コンピューターの表示装置)を使用したカメラがTV局のスタジオ、スポーツ中継などの現場で使われているようです。

話を戻しますが、基本的に、液晶タイプのメリットとして、わざわざ覗き込む必要がないので、長時間の撮影でも疲れにくいようです。そのため、子どもの学校でのイベントなどでよく見かけると思います。特に最近は、そういった場面のことを考えてか、軽量化されたものが多いようです。

2、覗き込むタイプのメリット

TV局などで使われる、多くの場面でも使われているファインダーはこちらのタイプのようです。撮影機材は重いので、一般の人には向いていませんが、ニュース、ドキュメント、バラエティなどいろいろな番組の撮影で使用されています。特にスポーツ番組などで、使用している光景を見たこと無いでしょうか?

その理由としては、どんな番組にしろ、動きがあるからです。特にスポーツ番組の野球やゴルフなどは、ボールを追って撮影しなければなりません。その際に写せるかどうかによって、面白さが変わります。つまり、対象物の動きに合わせやすいため、覗き込むタイプを使っているのです。

撮影のコツ

簡単に言うと、動きがある物を移すときは、プロならともかく、素人だと難しいという事は忘れないで下さい。特に激しい動きするものは、ファインダーは覗き込むタイプでも液晶タイプでも、視野角が狭いので、フレームアウトしやすいのです。理由としては、ファインダーを覗きながら撮影するためなのですが、フレームアウトとフレームインを繰り返す映像は見ていて、ストレスを感じるような、見づらいものになりやすいです。

できれば、被写体を見ながら写し続けるのがいいのですが、液晶タイプだと被写体と同時に見るのは難しいと思います。しかし、覗き込むタイプだと両目を開いてみれば、視野角がグッと大きくなりますので、写しやすいというものがあります。たまに方目を閉じている方もいますが、できたら両目で移してみましょう。それと、覗き込むタイプはメガネ使用者には使いにくいのも特徴です。メガネを使用する方には、覗き込むタイプはイライラするという方もいるでしょう。

それと、野球などでボールを追いかける際は、手ブレ補正が着いていないと、画面がぶれて見えにくくなります。たまに視聴者からのビデオ投稿された映像を紹介するテレビがありますが、手ブレのため見えにくいと感じたことある人もいるのではないでしょうか?

check

最終更新日:2014/11/6

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ