映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

DVDの配布

卒業式などで上映した、映像をDVDで配布することもあります。そのプレスについて話していきます。

DVDのプレスについて

基本的に、DVDを友達に上げるときはDVDをコピーして、コピーした物を挙げると思いますが、知っていると思いますが、コピーには一枚一枚しかできません。そのため、卒業生全員に配布することになると、かなりの時間が必要になってしまいますし、DVDの費用もかなり多くなってしまいます。そのため、こういった配布の場合には、プレスを依頼するのが一般的となっています。
[PR]

プレスとは、CDやDVDなどを原盤から複製することができる上、その枚数が多ければ多いほど、一枚あたりに掛かる費用は安くなると言われています。DVDのプレスは主に、音楽CDなどに使用され、販売されるCDはこの方法で複製しているはずです。また、マンガなどの付録に特別についている物もありますが、そういった物も、このプレスが使われているはずです。ただし、ジャケットは別料金でお願いすることになります。

DVDコピーの場合、主に1枚〜100枚くらいまでの比較的少量枚数のDVDが必要と言う場合に使用されます。メリットとしては自分が作成したDVDをコピー元として使用でき、気軽にコピーが可能です。ただ、簡易的なコピーだからこそ、DVDプレイヤーとの相性によっては、再生できない機種があることもあります。そのため、販売を目的としたDVDの複製や再生の安定を求める

デメリットは、あくまでも簡易的なコピーなので、DVDプレイヤーとの相性によっては再生ができない機種があることがあります。販売を目的としたDVDの複製、再生の安定性を求める場合、大量枚数の複製が必要な場合など、こういった場合には、DVDプレスがオススメなのです。

DVDの規格

DVDには、DVD規格の中では、さまざまな使用があります。最近になって、地上デジタル放送(地デジ)の液晶テレビが増え始めたので、16:9のワイドテレビが増え始めましたが、従来の4:3のテレビで使用されるDVDでは、少し画面が余ることもあったそうですが、今ではワイドテレビ用DVDもあるそうです。制作の際には、16:9のワイドテレビと4:3テレビのどちらにするのかを決めた上で、映像を制作してDVDプレスを行なう必要があります。

また、DVDプレスの規格には地域コードと言われる国ごとのDVDの再生を管理する子脳があります。リージョンコードには1〜6番の番号があり、日本では2番となっています。つまり、日本以外の国で見る場合、例えば、アメリカで販売されているDVDプレイヤーやパソコンなどでは、DVDが再生できなくなり、再生に制限がかかります。DVDプレスをする際に、国ごとの制限をしない場合には、リージョンフリーと呼ばれる、地域コードを設定しないタイプもあります。

ただし、国ごとに映像の再生方式が違いますので注意してください。例えば、イギリス製のDVDの場合、リージョンフリーのDVDでも、映像の再生方式が異なりますので、日本のプレイヤーでは再生できません。個人的な意見としては、世界標準規格を作るべきだと思います。

pickup

アパートやマンションの産業用太陽光発電

http://www.yokohamah.jp/apm_index.html

Last update:2014/11/6

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ