映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像編集機材

映像を編集するための機材は、いろいろあります。ノンリニア編集以前からある編集機材もまだ必要なのです。

編集機材

編集機材にはいろいろあります。その中でも代表的なものを、いくつか紹介しましょう。これらを使うことによって、クオリティーを揚げることができるのです。

デジタル特殊効果装置

フレームシンクロナイザから応用され、生まれた物でフレームメモリへの記録と再生アドレスの発生方法を的確に制御することにより、入植素材のスイッチャーでは行うことができない、拡大や縮小、および平行移動・回転移動、変形加工などの効果を与えることができます。スイッチャーに組み込むこともあり、ワイプ効果に連想した拡大・縮小、他にページをめくるなどの場面が変化するときにも、見かけると思います。

少し前には、実時間での効果を発生するためにはNTSC(カラーテレビの標準方式)にも、1ピクセルあたりに、数十nsの時間にしか取れないため、ハードウェアの計算に頼っていたのですが、近年のパソコンの急成長によって、PC/WSベースのノンリリニア編集では、ソフトウェア処理で大体の機能が可能となっているようです。

プロダクションスイッチャー

いろいろな映像に対して、選択、合成、効果などに対し、追加などを行うための装置です。選択を行うマトリスクスイッチャー、合成を行うミクサー・キーヤーなどの部分を持ち、合成された映像に、文字などを重ねるスーパープロセッサやクロマキーなど、種類も豊富にあります。ミクサー部分の合成の機能は、2つの素材のカットや、ワイプなどの画像出力時の演出なども行えます。

スーパー処理装置

文字や図形などを画面に表示・合成させるための装置です。「スーパー」の名前は着いていますが、どの変がスーパーなのかはイマイチで、ハッキリしないのですが、白地に黒い文字かその逆の文字素材を撮影した物を、輝度信号によってスライス、2値キーを取得し、文字を入れたい画像と前面の単純な色の画像を合成します。

また、文字の周りに縁取りを施すことによりエッジ効果を追加したり、文字に陰影をつけるシャドウ効果を追加することもあります。文字の色は自由ですので、淡色だけではなく、色の輝度の階調をつけるなどの効果を持たせるのも多いようです。

文字発生装置

名前どおり、コンピュータを利用して、字幕などの文字を表現した映像信号を発生する装置です。以前はビットマップを利用していたのですが、拡大・縮小などが無くとも、文字の解像度が低く、見栄えがイマイチなので、放送局には使われなかったそうです。しかし、現在では、ベクトルフォント(文字の形を計算によって表示をするフォント、拡大縮小しても画像が荒くならない)を使用して、自由にサイズが変更可能となり、広く普及したそうです。

最近では、文字色を端から順に変化させるワイプ機能を、カラオケの歌詞ガイドなどで見ることもあります。更に文字を画面周囲から、中央まで移動させる、文字のサイズを変える、回転させるなどの機能を持つ物もありますし、影付き文字、半透過などもあるそうです。

>>使いやすいbto
編集作業をするなら、スペックや容量を自由に変えられるbtoにしませんか?

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2014/11/6

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ