映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像編集の技術

映像を編集する際には、どんな技術を使用するのか知っているでしょうか?その方法をお教えいたします。

リニア編集とノンリニア編集

編集方法には、リニア編集とノンリニア編集と呼ばれる方法があります。ポスター印刷とは異なり、現在では、ノンリニア編集が主流となりかけているようですが、素人でも行いやすい編集はリニア編集と言われています。

リニア編集

リニアとは、英語で「linear」と書き、その意味は「線状の」、「直線状の」を意味します。この直線状のを意味していますので、ビデオテープからビデオテープヘ、ビデオテープからビデオテープへダビングしながら編集することを指します。この方法だと、マスターとなるテープを早送りして、ダビング、巻き戻してダビングといった具合で、何度も早送りと巻き戻しを行う必要があります。

もちろん、ビデオテープやビデオカメラからビデオテープへダビング編集するときにも、ビデオ編集危機を使った場合にもリニア編集となります。一般的なビデオ編集機器には、ビデオテープやビデオカメラにもついている「ジョグ & シャトル」(送ったり戻したりする制御をジョグ、そのときのスピードを制御するのがシャトル)の他にも、エフェクトを入れたりする昨日名dもありますが、それでも、好きなシーンを出してダビングすることになります。

この方法は、現在ではあまり行われていないと言われています。上記の説明を見ても分かるように、リニア編集には、短い時間に多くの操作が必要になる上、神経を使うことが多い、さらに早送りや巻き戻しの回数だけ、ビデオテープの劣化が激しいという理由があります。最近では、パソコンを編集装置として使うこともありますが、編集機の代わりにするだけなので、ビデオの再生や録画スピードの合わせた編集となります。

ノンリニア編集

この編集方法は、コンピューターを使用することによって、従来まで直線的な編集から、非直線的(ノンリニア)な映像編集が可能となりました。2台以上のデッキを使い、ビデオテープからビデオテープへの映像をコピーするリニア編集と比べて、編集箇所を簡単に選択でき、映像データをすぐに追加したり、削除や修正、並べ替えすることができる利点があります。1990年に登場し、パソコンの普及と同じように急速に普及したそうです。こちらもポスター印刷には用いません。

しかし、初期のパソコンは、そのHDDの容量が少なかったために、長時間の映像の編集には適さなかったようです。今でも、大容量HDDを用意する必要があります。しかし、短時間の編集なら、素人にとっては、再生と録画速度にせかされることは無いので、割と楽な編集方法となると思います。今後、パソコンのHDDの容量が大きくなれば、リニア編集は絶滅するかもしれません。

実際、最近のパソコンの高性能化や記録型のDVDが普及したために、パソコンをベースとしたノンリニア映像編集システムが個人や業務用として普及し始めています。現在では市販のDVDレコーダーやHDDレコーダーで、簡易なプレイリスト編集ができるまでのなっています。そのため、残りの問題は、HDDの容量となりますが、HDDを増設すれば問題も解決されてしまうので、リニア編集は衰退していくでしょう。

パソコンを使った場合は、ブルーレイやDVD-R、CD-Rに作成すれば、ほぼ劣化なしで繰り返し見ることも可能になります。そうなると、著作権の問題が出てくると思います。

Valuable information

明治

http://www.meiji.co.jp/

2014/11/6 更新

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見| | サイトマップ