映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像制作会社を選ぶ

現在、映像製作会社には業務内容、製作用機材、スタッフの人数など、さまざまな規模の映像制作会社があります。  

>>ホームシアター

「選ぶ」事

映像と文章やポスター印刷などにも使われる静止画像との大きな違いは、文章だけ、静止画像だけでは伝えられない多くの情報を、すばやく伝えられることにあります。そうした違いは、一般企業でも認めていて、最近では、会社のホームページでも多くの会社が映像を入れています。会社とは関係ない映像を入れているところもありますが、それでも、いいサイトに感じることもあり、この辺も映像の魅力による物かもしれません。

そのため、企業をターゲットとして見ている映像制作会社も多くなってきたようですが、それでも映像制作会社によって出来上がる映像には大きな差が生まれます。これは会社の規模などのためですが、理想どおりの映像を作るためには、映像制作会社の選び方を知っておくことが重要となります。映像制作会社は、数多くありますが、その中でどれか1つを選ぶときの判断基準をお教えします。

映像制作をすることになった場合には、映画やテレビ番組、DVD録画やイベント用、ホームページ掲載用などなど、映像を利用する理由は企業によりさまざまです。しかし、もちろん予算やスケジュールにも限りがありますので、良くない、つまりハズレの映像制作会社を選ばないようにしましょう。

選び方

まず、考えるべきなのは何のための映像なのかを考えなければなりません。ポスター印刷などと同様に、新商品の宣伝や会社のイメージアップ、サービスの利用方法など、いろいろなことが考えられます。そんな中でも、特に重要なこと、映像を利用することで何を目標とするかという事となります。映像を見てもらうことで、何をユーザーに伝えるかという目標設定が行われていなければ、映像制作が上手くいくことはありえません。

目標ができたら、今度は会社の得意分野を選びましょう。会社によっては3Dが得意だったり、苦手だったり、打ち合わせから納期までの時間が早かったり、遅かったり、制作した映像のクオリティーにこだわる所もあれば、サービスにこだわる所もあるはずです。制作会社に何を求めているかを考えて、選択しましょう。この際に、実際に2、3社ほど候補を上げ、その中で1つを基準として比べて見ましょう。

ある程度決まったら、電話を行ってみるのもいいでしょう。電話を受ける時の応対について調べてみましょう。会社の良さを見るときに、一番指標となるのが、電話とも言われています。映像制作会社も例外でなく、それで考えてみるのもいいでしょう。

最後に、実際にあって、打ち合わせするときに、コミュニケーション能力を確かめてみましょう。こちらの意見を正しく理解し、要望をしっかりと答えてくれるような会社でなければ、プロに頼む必要はありません。そして、意見を正しく理解するためには、コミュニケーション能力を知る必要がありますが、それを知るためには、実際に会って話してみるのが一番となります。良いとされる制作会社ほど、丁寧なコミュニケーションを心がけているはずです。

以上を件考慮して選んでみてください。せっかくの映像や素材を活かすのも、殺すのも、制作会社次第なのですから、いい会社を見つけ出しましょう。

recommend

ドミノピザ
http://www.dominos.jp/

最終更新日:2015/4/23

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ