【ピュアルピエで治す】20年間二の腕のブツブツで悩んだ私がオススメするたった一つの方法!

「腕ヤバイよ!!ブツブツになってる」

「病院行ったほうがイイよ!!」

いつから出来ていたのかわかりませんが、いつの間にか二の腕にブツブツができていました。ただ悩み始めたのは高校のころ友人に指摘されたことがキッカケです。

保湿もダメ!市販薬もダメ!!

気になりだして、お風呂で真っ赤になるまでナイロンタオルで擦って(絶対に真似しないでください!)、お風呂上りにベビーローションやニベアで毎日保湿しましたが、全く変化無し。ザラプロやニノキュアを使っても、こちらも全く変化無し。いろいろ試しましたがこれといって効果はなく日焼けをして隠してました。

病院(皮膚科)もダメ!!!

人に見せるのはいやでしたが、近所で評判の皮膚科へ行きましたが結局尿素クリームを出されて終わり。病院の先生に「30歳過ぎたあたりで治っていく」と言われ、待っていましたが33歳になっても変わらないどころか色素沈着で黒ずみが増えてました。

ダメ元でピュアルピエを買ってみた!

ジムに通っていて着替えや半袖になるときに少し見えてしまうのがイヤで本気でどうにかしたくて、ネットでいろいろ探していたところにピュアルピエを見つけました。

半ば諦めていたのと、返金保証もあったので、ダメ元で購入

1週間でブツブツの赤みが減る

購入してすぐに届いたので、すぐに使用開始。

1日2回、お風呂上りと朝塗るといいと書いてあったのですが、お風呂上りにしか塗っていませんでした。が、開始1週間でブツブツの赤みがかなり減っています。今までは何をしても1週間しても変化無かったのでかなり嬉しかった~。

やっと治るかもという期待が出てきましたので毎日しっかり塗り続けました。

2週間で赤みが無くなり、ブツブツがさらに減る

2週間使用するころには、赤みは全くではありませんが、ほとんど無くなりました。ブツブツも減り、大きさもかなり小さくなったので、手で触った感触が自分の腕とは思えないほど違ったので感動しました。

色素沈着で黒ずんでいたブツブツ跡も少し薄く茶色くなってきました。

1ヶ月で赤み無し、ブツブツ激減、色素沈着は薄い茶色になる

1ヶ月使用したころは、赤みは全くなくなりました。ブツブツの数も激減。

色素沈着も少しずつ薄くなり、そのころには薄い茶色になりました。また、二の腕部分の肌の色が白くなりました。

使用を止めると赤み、ブツブツ増える

ここまで良くなったので、ある疑問が!

「ピュアルピエを使わないとブツブツはどうなるのか!?」

1週間ほど使用をやめてみたところ、少しブツブツが増え、ブツブツ自体の大きさも少し大きくなったうえに、赤みが出てきました。

やっぱり使用を止めると元に戻ってしまうようです。

2ヶ月使用でブツブツほぼ無くなり、色素沈着もかなり薄い茶色に!

二の腕のブツブツはほとんど目立たなくなりました。

あんなに悩んでいたことが信じられないくらいです。私は10代20代の間違ったケアで色素沈着していたので、まだ腕を出せるレベルではないのですが、かなり目立たなくなってきました。手触りも少しブツブツが手に当たるくらいです。

3ヶ月使用で二の腕のブツブツがほぼ改善!

ピュアルピエを使い始める前に比べると、二の腕のブツブツがかなり改善されました。色素沈着はかなり薄くなったので、あと1ヶ月使えば腕が出せそうです。

ノースリーブはまだですが、半袖を着るだけなら全くブツブツは気にならなくなりました。

本当に悩んでいるならピュアルピエがオススメ!

二の腕のブツブツは悩んでいる人なら知っているかと思いますが、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患です。

現状は特効薬はなく、尿素入りのクリームで治すのが一般的なようですが私は全く改善されませんでした。あまり肌が強くないので、体調が悪いときはかぶれてしまうこともあってオススメもできません。

美容皮膚科を受診するのもいいのですが、費用が掛かりすぎるのとやめたらまた元に戻ってしまいます。

他のクリームよりは少し高いですが、定期コースなら続けられる金額なので、私が二の腕のブツブツケアで唯一オススメできるのはピュアルピエだけです。

敏感肌でも使えますし、今でも返金保証キャンペーンが継続されているようなので、何をしても治らなかったあなたにこそダメ元でいいので試してみて下さい。

>>ピュアルピエの購入はコチラ

ピュアルピエは効果なし?夏目前!今こそ始める二の腕のブツブツケア!!

二の腕のブツブツを治すには時間が掛かります。 もちろん体質や生活スタイル、ケアの方法で差がありますが、ちゃんとしたケアを行っても目立たなくなるレベルで1ヶ月はかかります。 肌のターンオーバー(生まれ変わり)が28日前後の期間が必要なためです。しかし個人差もあり加齢とともにターンオーバーは長くなります。
完治もしくは、ほぼ目立たない状態には、3~4ヶ月は掛かります。

>>今すぐピュアルピエを購入しにいく

春から始めれば夏に間に合う!

最も私がオススメするのは、冬の間にケアすることです。
乾燥対策でお風呂上りに保湿クリームを塗るのに合わせて、二の腕にもピュアルピエを塗ればケアが楽チンだからです。
しかし、春から開始すれば、半袖を着るころには間に合います。
4月に始めれば7月には色素沈着もかなり改善されていると思います。
赤みやブツブツが少し減らばいいくらいなら、6月から1ヶ月間でも間に合います。

思いっきり夏を楽しみたいなら4月開始がオススメ!

「半袖やノースリーブでオシャレしたい」
「二の腕のブツブツを気にしたくない」
少しでもこうゆう思いがあるのなら、ピュアルピエで早めのケアをオススメします。

今だけ!定期コースなら全額返金保証のキャンペーン中!
>>今すぐピュアルピエを購入しにいく

市販の保湿クリームとピュアルピエの3つの違い

保湿力の違い

二の腕のブツブツは毛孔性苔癬(もうこせいたいせん)という皮膚の病気で、原因は乾燥あり、過剰分泌された皮脂が毛穴につまりブツブツとなります。
そこでピュアルピエは「セイヨウナシ発酵液」「プラセンタ」「ヒアルロン酸」の3つの保湿成分をたっぷりと配合しています。
市販のクリームの保湿力はピンキリで表面的には保湿できているように見えても、中まで浸透していません。
ピュアルピエは成分をナノ化と高分子化の2つにわけ中と外の両方から効くようにしています。

無添加、低刺激にこだわった成分

ピュアルピエは添加物を一切配合していません。
二の腕は顔以外の皮膚の中でもデリケートな部分です。添加物や刺激のある成分だとダメージを与えてしまうかもしれません。
また、市販薬や病院でよく処方される尿素も配合してません。
尿素は皮膚を削ってしまう作用があるので、敏感肌の方はもちろんデリケートな二の腕に使うと皮膚のトラブルの原因になります。

二の腕のブツブツに伴う悩みを全てサポート

毛孔性苔癬になっていると、ブツブツが赤みを帯びたり、茶色く色素沈着となっていることが多くあります。
また、ターンオーバーの異常により毛孔性苔癬ができやすくなっていることもあります。
ピュアルピエは二の腕のブツブツケア専用で作られているので、こういった症状にも効果の高い成分を配合しています。

>>公式サイトでピュアルピエを購入する

TOPへ(ピュアルピエが選ばれる理由)

二の腕のブツブツは保湿で治そう!ピュアルピエで徹底保湿!

二の腕のブツブツの原因は乾燥

皮膚は乾燥すると毛穴から皮脂が出し皮膚を保護しようとします。
皮膚が乾燥するとバリアが失われてしまうためです。

空気の乾燥や生活習慣、普段の食生活がもとになって肌が乾燥しがちになると、毛穴から皮脂が過剰に分泌されます。
過剰な脂が毛穴を塞いでしまい、角質がつまることでブツブツとなるわけです。

サメ肌、二の腕のブツブツの正体は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)または毛孔性角化症

あなたを悩ませる二の腕のブツブツ、サメ肌の正体は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)または毛孔性角化症と呼ばれる皮膚疾患です。
よく二の腕にできますが、背中や肩、太ももにできることもあります。

色がないものもありますが、炎症で赤いブツブツになることもよくあります。
中には色素沈着し黒く跡が残ってしまう場合も・・・・

子供のころに発症し、思春期に増加する傾向があり、
大体の人は20歳代で少しずつなくなり30歳代にはほとんど治ってしまうと言われています。

毛孔性苔癬の原因

一般的に二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)はターンオーバーの乱れにより皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり、丘疹(きゅうしん)ができブツブツザラザラになると言われています。
遺伝やストレス、食生活や体質も関係しているようで、肌のターンオーバーがうまくいかなくなることでブツブツができてしまいます。

しかし、なぜターンオーバーが乱れるのかは広まっていません。
さらに一歩踏み込んでみると、本当の原因となっているものは皮膚の乾燥です。
体質や食生活の乱れ、空気の乾燥で肌が乾燥しターンオーバーが乱れます。

太っている方に毛孔性苔癬(もうこせいたいせん)が多いのもそのためです。

毛孔性苔癬の対処法、治し方は保湿が重要

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)を治すには硬くなった角質を除去して、過剰な皮脂の分泌を防ぐため保湿が重要と言われています。
秋冬は空気の乾燥、春夏は紫外線が強まるので日焼けによる乾燥と年間を通して保湿ケアが必要です。

ただ一般的に売られている保湿クリームだと保湿力が弱かったり、角質までは除去できません。
また、肌のターンオーバーが促進し正常に行われるようにしなければなかなか改善はされません。

二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)が市販薬で治らない理由

先ほど言ったように二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)を治すには硬くなった角質を除去して、過剰な皮脂の分泌を防ぐため保湿が重要と言われています。

しかし、市販薬の代表的なニノキュアやザラプロは尿素が入ったクリームが中心です。
角質を除去する役割で配合されていますが、皮膚を剥がしとったり削るような作用があり刺激が強いため合わない人も多くいます。
必要以上に角質をとってしまい、肌のバリア機能を低下させてしまうこともあります。
二の腕のブツブツを治すためにクリームを塗っているのに肌の環境を悪化させてより二の腕のブツブツができてしまう可能性があるんです。

病院でも二の腕のブツブツが治らない理由

病院でも尿素入りのクリームを処方されます。市販薬ほぼ同じようなクリームです。
しかも遺伝や体質的な問題で決定的な治療薬もないので、クリーム塗って様子を見るという流れが一般的です。
市販薬を塗っても治らないから来ているのに、おなじような薬を出されても・・・

私の場合ですが二の腕のブツブツで勇気を出して病院に行っても、医者はそのうち治ると言ってあまり親身に治療にあたってくれない印象でした。
二の腕のブツブツで悩んでいる人を調査したときにはこういった声がよく聞かれます。

敏感肌でも使えるピュアルピエで二の腕のブツブツを徹底的に保湿

ピュアルピエなら二の腕のブツブツ、ザラザラの根本の原因である乾燥を防ぐため、徹底的に保湿にこだわってできています。
保湿に有効な3つの成分を配合し、その成分がしっかりと届くよう高分子化とナノ化で表面と内部両方に行き渡るように作られています。

また、二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)ができている場合、ブツブツが赤みを帯びたり茶色く色素沈着を起こしていることが多いです。
そこで、美白の作用もあるプラセンタを配合しています。
さらに肌のデコボコやサメ肌のようにカサカサになっている場合でもコラーゲンも配合しスベスベ、ツルツルの肌になるようサポートしてくれます。

今なら全額返金保証もあるので、諦めているのなら最後にピュアルピエを試してみてください。

TOPへ(ピュアルピエが選ばれる理由)