映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像を依頼する

企業によっては、映像を作る必要が出てくるはずです。その際に、映像制作会社に依頼する企業も多いのではないでしょうか?

>>ホームシアター

依頼するときのポイント

企業のブランドの構築や新商品のプロモーション、または社員教育のために必要となる映像の制作などを、予算などの面も考慮した、理想どおりの映像制作を行う場合には、難しい物です。しかし、それが制作会社と委託するとなれば、話は別です。そのため、こういった映像の制作は、映像制作を請負っている企業に依頼するのが、一般的となっているようです。その道のプロはもちろん依頼をしっかりこなしてくれるでしょう。

しかし、イメージと違う映像を納品されるようなケースは、多少あるそうです。そのたびにトラブルになるそうですが、あなたの依頼の仕方にも問題があったのかもしれません。予算どおり、ビジョン通りの制作には、制作会社への依頼時に抑えておくべきポイントがいくつかあります。

予算と目的

まず、映像制作を依頼するときは、その映像をどういったところで、どういう目的で使用するかを考える必要があります。企業説明にしても、商品説明にしてもある程度の使用目的がハッキリしないと、全くの駄作となるケースが多いので、注意しましょう。しかし、予算などの都合も忘れてはいけません。どこにどれだけ凝るか、凝れないかを打ち合わせなどで、「伝える」ことが重要です。映像がイメージと通り物が納品してもらうために必要です。

作成状況の監視

映像制作を進めていく上で、納品日のズレや予算などのように、何かトラブルが発生すると予想できる場合には、それが分かった時点で、制作会社に伝えることが大切です。程度にもよりますが、撮影に入ってからでは。変更が効かないこともあるので、注意が必要です。そのため、できるだけ早急に、トラブルの内容とそれによる変更する箇所を制作会社に伝えてください。

料金の変化

お金の問題になると、大事になるかもしれないので、明確にしておくことが大事です。映像の制作を進めていけば、さまざまな追加料金が発生することもあるはずです。追加依頼を考えている場合には、その追加の依頼による料金は前もって確認しておくことが大事です。特に、○円「くらい」では無く、○円と言ってもらいましょう。絶対に、「くらい」という曖昧な場合、予算オーバーしてしまうことも考えられます。


以上が基本です。それと、できれば長い間の経験と豊富な実績を持った、映像制作を行ってきた企業を探しましょう。「長い間の経験と豊富な実績を持った」企業によってもどれくらいと書いてあるのは珍しいので、その実績をインターネットで公開している会社もあるはずですから、そういったものを見比べることもいい判断方法の1つとなるはずです。会社によっても得意分野があるでしょうから見ておいて損は無いはずです。

また、会社によっては、依頼を受けてから納品までのフローを紹介しているサイトも数多くあります。そのようなフローを見るのも悪いことではないでしょう。工程が多いほどいいというわけではないでしょうが、どういう事を行っているかができるだけ詳しく書いているはずです。できたら、途中途中の制作中の映像を見せてもらえるところを選んだほうがいいかもしれません。

Favorite

韓国語の専門学校
http://www.shurin.ac.jp/

Last update:2015/4/23

トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ